ベビーランド保育園

が投稿

埼玉県所沢市小手指南にある「ベビーランド保育園」は、埼玉県 所沢市役所委託の地域型保育園(認可保育園)です。

平成7年  西所沢で保育活動開始

平成17年 所沢市家庭保育室

平成27年 地域型保育事業所

「ベビーランド保育園」

平成30年  株式会社ベビーランド

絵本を開いたようなワクワク楽しい保育

人生は、経験から得た知識の結晶です!ベビーランドでは、あらゆるものを教材とした活動を楽しんでいます。
多様な体験は、子どもたちにとってとても大切な知識の源です。興味のある事を見つけ楽しむ事から、発見、工夫、将来の希望へと続き、生きる力と豊かな人生に繋がります。

黄色の帽子をかぶり、園庭でのびのびと遊ぶ子どもたちの姿は『野に咲くたんぽぽ』のようです♡
そんな子どもたちが、興味を持って楽しんだり、勇気の一歩を踏み出したり。。。失敗・成功体験を重ねる一人ひとりの成長を、ベビーランドは大切に考えて活動しています。

ベビーランド保育園&たんぽぽらんど保育園のブログ

所沢市 ベビーランド保育園 & たんぽぽらんど保育園 埼玉県所沢市小手指南にあるベビーランド保育園(所沢市 地域型保育事業) とたんぽぽらんど保育園(企業主導型保育事業)のブログです。毎日の活動や子どもたちの様子、おもちゃなど紹介していきます!是非見てください

  • 指先遊び
    on 2022年11月21日 at 1:19 AM

    模造紙に丸シールをたくさん貼って遊びました 1歳児クラスのお友達。 真剣にそして集中してシール遊びをしています。 指先を使った遊びは集中力や忍耐力を培います。 この力は人間が生きていく中でとっても大切。 「うちの子落ち着きがなくて、、、」と相談される事があります。 落ち着きがないのではなくて集中する機会が少ないだけ。 遊びの中で指先をたくさん使って集中できる環境を作ってあげてたくさんたくさん成功体験をさせて自信をつけてあげる。 この繰り返しをする事で自然と落ち着いた生活を送る事ができるようになりますよ シール遊びの他にもパズルだったり、粘土遊びだったり、ブロック遊びだったりと指先を使える遊びは無限にありますよ! 是非一緒に楽しんでみてくださいね! ベビーランドではこのシールを使っています 色もたくさん!! まだ指先が器用じゃない子ども達も楽しめる工夫として、、、 台紙に折りをつけてあげるんですそうするとスムーズにシールが剥がれて楽しく遊べますよ 是非お試しあれ

  • ミッキーマウスがいる!!
    on 2022年11月10日 at 9:30 AM

    先程の雲を眺めていた時の事。突然「先生ミッキーマウスがいるよ!!」と。 「どこに?」と空ばかり眺める保育士。 「違うよ!違う!ほらあそこだよ!」 さぁーーーー。どこでしょうか? 分かりますか?? 「ほら!そこ!そこ!」と必死な子ども達を想像しながら見てくださいね じゃーーーーん! ここでした 確かにミッキーマウスですね 「ね!いたでしょう!見つけたんだよ!すごいでしょー」 はい、、、脱帽です (本当は知ってましたよ。毎年発見する子がいるんです) 見つけた事を嬉しそうにする子ども達の目はキラキラ輝いてました

  • 子ども達の目にうつるのは、、、
    on 2022年11月10日 at 9:23 AM

    おやつの後。 保育室の換気もしながら空を見ました どんな空だったかというと、、 一面うろこ雲!! すっかり秋の空になりましたねー。 空を見上げている子ども達。 こんな会話が繰り広げられてました。 「あの雲、お尻みたい!!」 「ぶどうにも見えるよ!」 うーん❤️子ども達の言葉ってなんて可愛いのーと聞いていたのも束の間。だんだんエスカレートしてきて、、、 ある子が「う○ちに見える!う○ちいっぱいだーーー!!」と、、、「もぉーーーーー」と思いながらも子どもって絶対に、う○ちを連呼する時期ってあるよなーーーとしみじみ思ってしまいました 子どもって時には残酷ない言葉を言ったり、その言葉の響きやリズムにはまって連呼する事ってあるんです。子どもあるあるですね。周りの反応を楽しんだり、意味なんて分からず使うのでヒヤッとしたりすることもありますね。でもそう言う経験も少なからず大事な事。 いい言葉とよくない言葉がある事を生活やお友だちとのやり取りの中で覚えていくんですよね 必要な時には周りの大人がアドバイスしたり、時には注意したり、、、 雲を見ながら色々な事を考えた保育士です それにしても子ども達。とってもいい表情してますね

  • ばーらがさいた✖️2
    on 2022年11月9日 at 9:23 AM

    今日のおやつです 言葉はいらないですね。 愛着たっぷり いつも本当にありがとうございます

  • お箸を持てる様になるには、、、
    on 2022年11月1日 at 7:54 AM

    先日の保護者会で「お箸はいつから使うのがいいですか?」とご質問がありました。 ので、、、 お箸が使える様になるにはどの様な事ができるようになるとスムーズかを一つのお話しとして少しお伝えしますね まず、、、 お箸やスプーンの前には「手づかみ食べ」がありますね。 なんでも手で掴んで食べる。 きっと「うぁーーーー💦」と思った方も多いのでは? でもあの「手づかみ食べ」がないと次のステップには進めないのです。 「手づかみ食べ」からだんだんとスプーンを使える様になります。 まず、、、 この持ち方から。 そのあと、、、 この持ち方に変化します。 そして、、、 この持ち方へ。 これができる様になったらお箸への移行のタイミング でも持てる様になれば🆗ではないんですよ。 お箸に移行するには、、、 ①手先の発達 ②使い方を教わるコミュニケーション能力 ③忍耐力と集中力 が必要となると言われています。 焦る必要はありません。 上手に持てない事を怒るなんてもってのほかです。 子どもの成長とやりたいと思う気持ちを見守りながら1人1人のペースを大切に ゆっくりやりましょうね